検査について

心電図検査機器・動脈硬化測定装置

 

心電計

  心臓の動きを電気的な波形にあらわして記録し、それによって心臓の動きを把握します。心疾患が疑われる場合にまず行うべき検査です。心臓肥大、狭心症、心筋梗塞、不整脈などの診断に役立ちます。

 

ホルター心電計

  小型軽量の装置を身につけて、日常生活中の長時間心電図を記録して、これを解析します。狭心症や不整脈の多くは短時間の心電図では診断がつかないことも多く、実生活の中で心電図を記録し続けるこの検査が有用です。

 

X線一般撮影装置

 

胸部X線

 肺、心臓、大血管の病気の診断に有用です。肺癌、肺結核、肺炎、肺気腫、気胸、間質性肺炎、大動脈瘤、心臓肥大等の疾患を疑うことができます。

 

腹部X線

  腹痛などの症状があり、原因が特定できない場合に最初に行われる検査です。腸閉塞、便秘症、胆石、尿路結石、腎結石、消化管穿孔等の疾患を疑うことができます。

 

超音波画像診断装置

 
 

腹部超音波検査

   おなかに超音波を当て、腹部の臓器の様子を見る検査です。ベットに寝ていただき、おなかにゼリーをぬって検査します。主に肝臓、膵臓、腎臓、脾臓、胆嚢、前立腺、膀胱などをみます。脂肪肝、肝嚢胞、肝炎、胆石、胆嚢ポリープ、腎結石、腎嚢胞、がんなどがわかります。

 

心臓超音波検査

  胸に超音波を当て、心臓の様子を見る検査です。ベットに寝ていただき、胸にゼリーをぬって検査します。心臓の大きさ、動き、弁の状態などを観察します。心筋梗塞、心臓肥大、弁膜症、先天性心疾患などがわかります。

血圧脈波検査装置

  動脈硬化の有無、程度を評価できます。動脈硬化とは血管の弾性が失われ、硬くなったり、血管壁にコレステロールなどがたまり、内腔が狭くなって血液の流れが悪くなった状態をいいます。高血圧、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症などの病気、ストレス、喫煙、肥満、過度の飲酒、運動不足なども動脈硬化を促進するといわれています。
 

スパイロメーター

  肺活量や肺の換気能力を調べる検査です。肺気腫、気管支ぜんそく、間質性肺炎、気管支拡張症等の診断に役立ちます。
 

睡眠評価装置(簡易型ポリソムノグラフィー)

 
問診、身体所見などから睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われる場合に行います。装置を持ち帰り、ご自宅で就寝前に装着していただきます。検査の結果、AHI(無呼吸低呼吸指数)が40以上、または確定診断でAHIが20以上で保険診療でのCPAP治療が適応となります。CPAPとは、鼻に装着したマスクから空気を送り込むことによって、無呼吸を防ぐ装置です。